您当前的位置:首页»博客

SELF-INTRODUCTION

来自:内藤 卓郎    更新日期:2019/9/5    点击量: 606

はじめまして。2019年度の万谷設計のサマープログラム参加者のひとりの内藤卓郎です。


万谷設計のサマプロが始まって2週間が過ぎ、ようやくブログに取り掛かかることができました。


今回の投稿では、初日に使った資料の一部を再利用して私の紹介をします。

この自己紹介では私のちょっとした個人情報、サマプロに応募した理由、そしてサマプロを通じて達成したい目標の3点についてお話しします。

それでは、まず個人情報から。



現在北九州市立大学大学院修士1年に在学中で、研究室では産業用ロボットを用いた建築構法について研究するグループに所属しています。学部時代は現在とは異なる研究室に所属していました。

最近の活動について以上の3点を紹介しました。この画像は研究室のロボット研究グループの班員と共に青島理工大学/DAMlabのロボティック構築ワークショップに参加したときのものです。一番右で目を閉じてしまっているのが私です。

続いて、万谷設計のサマープログラムに応募した理由について。

私には、次の3個の動機がありました。


面識のある大学の先輩が以前万谷設計のスタッフであったこと


大学2年生の時に初めて大連を訪れて以来、日本とあらゆる点で状況が異なる現代の中国に強い関心を持ってしまったこと


その後の中国の周遊を通じてこの国について更に関心が高まり、中国で建築設計実務を体験してみたいと感じたこと


これらの動機から、万谷設計のサマープログラムは③について絶好の機会を提供してくれるイベントで、今の私にぴったりだと考えました。


上海に滞在するのはこれが2回目で、前回は2週間の周遊中の2日間だけ滞在しましたが雨続きで、計画していた通りに観光できなかった思い出があります。



最後に、サマプロを通じて達成すべき目標として立てた5つの目標についてお話ししました。


4点目に関して、上海は世界中から人が集まるアジアの代表的な巨大都市であり、同時に料理に関してもオーセンティックな世界中の料理を楽しむことができると聞きます。滞在中は中国料理に限らず、世界中の料理をたくさん食べたいと考えています。


5点目に関して、今回の4度目となる訪中では、滞在期間が1ヶ月と過去最長になる予定で、また今年10月には再び青島へ行くことになっており、その場合の合計滞在期間は3ヶ月を超える予定になっています。そこで、それまでに普通话を少しでも習得して、より多くの人とコミュニケーションができ、またより多くの情報に効率的にアクセスできるよう自分自身をアップデートしたいと考えています。


以上、内藤の自己紹介でした。次回の記事内容は未定ですがお楽しみに。